「もしも罵倒芸の論者が、アニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』でマツリカさんが登場する回の内容を間違って覚えていたら」と考えました

 ナレーター:「その日のサトシさんは、ベベノムとロトム図鑑を連れて、市場へ買い物に出かけていました」

 サトシ:「買うべきものは、愚問の実と、煽りの実と、痛罵の実と」

 ロトム図鑑:「違うロト、『モモンのみ』『ヒメリのみ』『チイラのみ』ロト」

 ベベノム:「べー?」

 ナレーター:「ベベノムが、絵を描いている女性を発見しました」

 サトシ:「絵を描いているおねえさん、こんにちは! じゃなかった、アローラ!」  

 マツリカ:「お、おう……アローラ、アローラ」

 サトシ:「disりながら絵を描いていたんですか?」

 マツリカ:「いや、disりながら絵を描く趣味は、ない」

 サトシ:「おねえさんの頭に乗っているポケモンの名前は、アクジキングですか?」  

 マツリカ:「いや、アブリボン。パートナーなんだ」

 サトシ:「へえ、どんな能力を持っているポケモンなの?」

 ロトム図鑑:「僕が答えるロト。アブリボンは、人間の内なる心を読み取れるロト」

 サトシ:「そうなんだ、じゃあアブリボン、俺の内なる心を読んでみて」

 アブリボン:「ぼぼぼぼ、ぼーん」

 マツリカ「お、おう……」

 サトシ:「なんです?」

 マツリカ:「なにも読み取れない、なにも考えていない頭……とアブリボンは言ってる」

 サトシ:「なにも考えていない頭? つまり、無の境地を悟っているんだな、俺ってすげー」

 ロトム図鑑:「違うロト、サトシはアブリボンからdisられたんだロト、名前をアクジキングに間違えられた仕返しロト」

 サトシ:「それはそれですごいじゃん、アブリボン、もっとdisを披露してよ」

 アブリボン:「ぼん、ぼーん」

 マツリカ:「これ以上はダメ、絵ができた後ならいい……と言ってる」

 サトシ:「わかりました、絵ができるまで待ちます」

 ラップ:「キュートなアブリボン、発見!」

 ナレーター:「スカル団の下っ端が現れました」

 ラップ:「兄貴ぃ、あのアブリボン、あたい欲しいぃ」

 タッパ:「ああ? やめとけ、あんな弱そうなポケモン」

 ジップ:「そのとおりっスカ、戦力の足しにもならないっスカ」

 アブリボン:「ぼぼぼぼ、ぼーん」

 マツリカ:「戦力の足しにならないのは、あなた達のほう……とアブリボンは言ってる」

 ラップ:「え?」

 アブリボン:「ぼぼぼぼ、ぼーん」

 マツリカ:「あなた達は、カキのZ技に負けた過去がある、イリマのZ技に負けた過去がある……と言ってる」

 ジップ:「なんで知ってるんスカ?」

 アブリボン:「ぼぼぼぼ、ぼーん」

 マツリカ:「ロケット団の下っ端、ムサシ、コジロウ、ニャースとZクリスタルの争奪戦をしたとき、あなた達は負けている……と言ってる」

 ジップ:「だから、なんで知ってるんスカ、初対面のはずっスカ」

 アブリボン:「ぼぼぼぼ、ぼーん」

 マツリカ:「いきがるわりに勝率はゼロ、今日も、いきがった時点で、あなた達に負けフラグが立つ……とアブリボンは言ってる」

 タッパ:「なにい? ほ、ほう、事実を淡々と言いながらも、痛いところをしっかり突いてくるとは、なかなかできるアブリボンだぜ」

 ジップ:「兄貴、感心している場合じゃないっスカ」

 ラップ:「言われっぱなしで悔しいぃっ」

 タッパ:「ようし、俺達の本当の実力を見せてやろうぜ、ヤトウモリ、どくどく!」

 ジップ:「ダストダス、ベノムショック!」

 ラップ:「ズバット、エアカッター!」

 サトシ:「おい、三対一のポケモンバトルは卑怯だぞ!」

 ベベノム:「べべべべ!」

 タッパ、ラップ、ジップ:「痛たたっ、うわあー」

 ナレーター:「スカル団の下っ端たちは、ベベノムの技を受けて吹っ飛んで、退場しました」

 ロトム図鑑「今の技は、みだれづきロト」

 サトシ:「さみだれ式の気づき? 初めて聞く技だ」

 ベベノム:「べーベ♪」

 ナレーター:「このような経緯でベベノムは『みだれづき』を覚えたのでした」

創作小話『空飛ぶスパゲッティ・モンスターから【後釣り宣言発生装置】を預かったブロガー』

 空飛ぶスパゲッティ・モンスターが、過疎ブロガーのAさんに【後釣り宣言発生装置】を預けたあと、どこかへ行ってしまいました。
 その【後釣り宣言発生装置】は、一日に一度「後釣り宣言のコメント」を作ってアウトプットしました。
 おかげでAさんは、どんな議論にも最終的に勝ってしまうブロガーとして有名になりました。

 喜んだAさんでしたが、若干の物足りなさも感じました。「もっと有名になりたいな」
 「そうだ、【後釣り宣言発生装置】の中には、後釣り宣言のコメントがたくさん入っているに違いない」
 「それを全て取り出して、一気に使ってしまおう」
 「そうすれば、私はすぐに世界級のブロガーとなれるのだ」

 さっそくAさんは、【後釣り宣言発生装置】のカバーを開けました。中には、作成途中の後釣り宣言のコメントが一つありました。
 当てが外れたAさんは、がっかりしながら【後釣り宣言発生装置】のカバーを閉めました。

 その後、【後釣り宣言発生装置】は後釣り宣言のコメントを、いつまでたってもアウトプットしませんでした。
 そのために、どんな議論でも最終的に勝てなくなったAさんは、聴衆の関心を失い、たちまち過疎ブロガーに戻ってしまいました。

 Aさんが嘆いていると、空飛ぶスパゲッティ・モンスターが現れて言いました。
 「その【後釣り宣言発生装置】のカバーを人間が開けた場合、内部機構にロックが掛かり、人間の科学力では再起動できない仕様となっている」
 「ゆえに、人間のお前がカバーを開けようなどと試みてはいけない」

 【教訓】これは、せっかく訪れた幸運も欲張りすぎの行動を見せると逃げてしまうというお話です。

創作小話『空飛ぶスパゲッテイ・モンスターから諭された過疎ブロガー』

 その主人公であるAさんは、「数十年にわたってブログを続けたが、いまだに読者が一人も居ない。もうダメだ、閉鎖しよう」と言いました。

 それを聞きつけた空飛ぶスパゲッティ・モンスターが、Aさんを諭しました。
 「お前にはまだ、disの記事を書いて公開するという道が残っている」
 「お前が居るネット上には、科学的にデタラメな説が山ほどある」
 「それらをdisったのちに身を引くがよい」

 この言葉を聞いたAさんは、「たしかに私は、disで満たされた記事だけは書いてこなかった」と気がつきました。
 その後、Aさんはニセ科学を対象にしたdis記事の量産に励み、ニセ科学被害者たちから重宝されるブロガーとして末永く活動しました。

 『教訓』これは、世俗の生活に行き詰まりを感じて隠棲を始める前に今一度だけ解決策を模索すれば自然と道が開けてくるということを教えています。

 (この話は、以下のサイトの記事にインスピレーションして作りました)
人間とゼウス <福娘童話集 きょうのイソップ童話>
http://hukumusume.com/douwa/pc/aesop/01/13.htm

創作小話『シュッとしたdisを見せていたのに抗議されたブロガー』

 その主人公であるAさんは、シュッとしたdisの記事を書くブロガーとして人々から好評されていました。
 ある日、通りすがりの罵倒芸論者であるBさんが、もっさりしたdisのコメントをいくつか投稿しました。
 そのもっさりしたコメント群を読んだ人々は、自分たちの望むdisの形ではなかったので、激怒してブログ主のAさんを責めました。

 人々が去って炎上が収まったあと、Aさんは嘆きました。
 「この私は、数十年前の過疎ブロガーのときから、シュッとしたdis記事の作成に当てられる限りのリソースを使い、その成果として、最近は固定ファンが一人二人と現れ始めていた」
 「それがいま、数本のもっさりしたdisコメントのせいで、シュッとしたdisブロガーという名声が霧散霧消した」
 「もはや私には、一からやり直す気力が残っていない。引退しよう」

 言い終えたAさんは、ネットの果てにある竹林に赴いて小さな庵をセルフビルドして移り住み、朝に夕に世の無常を嘆いて余生を終えました。

 『教訓』これは、信用を築くための時間は長きを必要とするかわりに、信用が消えていく場合の時間はそれほどでもないということを例えたお話です。
 (この話は、以下のサイトの記事にインスピレーションして作りました)
ミツバチを飼う人 <福娘童話集 きょうのイソップ童話>
http://hukumusume.com/douwa/pc/aesop/07/01.htm

創作小話『礼儀を重視するブロガーと罵倒芸の読者』

 その礼儀を重視する論者のAさんは、自分のブログでネットマナーがいかに大切であるかを説教していました。
 しかし、説教を聞く人は居らず、閑古鳥が鳴くばかりでした。
 己の無力をAさんが嘆いていると、罵倒芸の論者が現れて言いました。
 「静寂なブログで清楚な礼儀を説けているのだから、あなたに何ら不足はないだろう」

『教訓』これは、どんなに妥当な主張であっても、文句をつけてあげようと思えばいくらでもつけられるというお話です。

創作小話『空飛ぶスパゲッティ・モンスターと、「よい議論の進め方のコメント」が入った樽』

 空飛ぶスパゲッティ・モンスターは樽を用意すると、「よい議論の進め方のコメント」をこれでもかと詰めてふたを閉じた後、一人の論者に預けてどこかに行ってしまいました。

 その論者は、樽の中身が気になり、ちょっとだけふたを開けました。
 たちまち、「よい議論の進め方のコメント」の数々が飛んで逃げ出しました。
 樽の底に残っていたのは、「後釣り宣言のコメント」だけでした。

 『教訓』そのために、現在のネット上で活動する論者たちは、「いざとなったら後釣り宣言で不利な議論をイーブンに持ち込めるんだよね!」と希望を持って言論に励んでいるのです。

創作小話『disの使い方が特殊な論者とツバメ』

 その泡沫ブロガーで罵倒芸論者のAさんは、disの使い方が特殊すぎて、熱烈に支持していた最後の読者すらも離れてしまいました。
 「それでも私は、いまの芸風を続ける。普通のdisなど、私にはとうていできないのだから」

 すると、一羽のツバメがAさんのブログにやってきました。ツバメは、Aさんのブログの軒下に巣を作り始めました。それを見たAさんは、喜びました。
 「ほら、私の特殊なdisを鑑賞したい者が来たぞ、ではさっそく一句」
 「disに生まれ、disに消えゆく、我がネット上の身かな」
 「若き日の、罵倒芸論者としての信用は、それなりにあった私かな」
 「と思いきや、菊池誠教授のkikulogで、科学的に変な主張を一年ほどぶってしまい、退場勧告の憂き目にあってからは、御覧のありさまかな」

 それを聞いたツバメは、つぼにはまったので笑いました。笑いすぎて、倒れました。救急車で運ばれました。あとは、ツバメの作りかけた巣だけが、Aさんのブログに残った状態となりました。

 Aさんは、あきれて言いました。「やれやれ、また私のブログは閑古鳥が鳴く状態だ。それもこれも、あのツバメのせいだ」

 【教訓】これは、ネット上で気になるブログを見つけても、すぐには支持を表明せず、ブログの方向性をじっくりと調べたうえで支持するかどうかを決定しても、遅くはないというお話です。

創作小話『モヒカン的論者を迎え入れたムラビト的ブログ』

 ムラビト的な雰囲気を維持していたブログの管理人が、「自分は数十年にわたってマイナーな地位に甘んじている、手っ取り早くメジャーになる方法はないものか」と悩んでいました。
 あれこれ考えた末に、「枯れ木も山の賑わいだ」と言ってモヒカン的論者たちの招き入れを決めました。
 それを知った常連の読者たちは、喜びました。

 Aさん:「いいですわねえ。この泡沫ブログも大賑わいとなって、ネットで一番の表舞台になりますわねえ」
 Bさん:「そうですわねえ。まったりな会話がぽつぽつと行われていたこの弛緩ブログも、明日からは秒単位の即レスが朝に夕に飛び交いますわねえ」
 Cさん:「わしの感情論を聞いてくれる相手が増えるのじゃ、こんなにうれしいことはないのじゃ」
 Dさん:「モヒカン的論者たちの加算、ばんざーい!」

 お祝いムードの中、Eさんが疑問を述べました。
 「なぜにみんなは平気でいられるの!?」
 「いままでも稀にモヒカン的論者が訪ねてきた時ですら、僕たちは神経を消耗して倒れていたのに、」
 「これからは、24時間365日ずっと修正を受ける身になってしまうんだよ!?」

 【教訓】この話は、「リスキーシフト」が如何にして起こるのかを教えています。

創作小話『ミュウズの女神と、罵倒芸の論者』

 その昔、ミュウズの女神が歌っていると、人間たちが感動して、一緒に歌いはじめました。

 次に、ミュウズの女神がdisを述べると、人間たちは感動して、disを述べはじめました。
 一部の者たちは、食事や睡眠をとらずにdisを述べ続けて、疲弊して倒れました。
 それを見たミュウズの女神は、その者たちを罵倒芸の論者にしてあげました。

 このために、現代のネット上でも、食事や睡眠を忘れてdisり続ける論者が存在しているのです。

創作小話『炎上商法を交換したブロガー』

 ブロガーのAさんが、別のブロガーであるBさんの炎上商法を見て感心しました。
 漫画の『王家の紋章』に出てくるカプター大神官さま風に、感心しました。
 「おお、あの燃え方……すばらしい輝きだ……手に入れたい……ゴクリ」

 そこでAさんは、手持ちの炎上商法と交換することをBさんに提案しました。
 Bさんは、喜んで応じました。
 二人は、以後も炎上商法の交換を繰り返しました。

 すべてを見ていた傍観者のCさんが、二人に忠告しました。
 「いまは珍しい炎上商法の仕方だと思っていても、いつの日にか飽きて、虚しい気持ちになりますよ」

 【教訓】この話は、炎上商法は必ずエスカレートして過激な内容となり、それでも読者からすっかり飽きられて見捨てられるという末路を教えています。