創作小話『炎上商法を交換したブロガー』

 ブロガーのAさんが、別のブロガーであるBさんの炎上商法を見て感心しました。
 漫画の『王家の紋章』に出てくるカプター大神官さま風に、感心しました。
 「おお、あの燃え方……すばらしい輝きだ……手に入れたい……ゴクリ」

 そこでAさんは、手持ちの炎上商法と交換することをBさんに提案しました。
 Bさんは、喜んで応じました。
 二人は、以後も炎上商法の交換を繰り返しました。

 すべてを見ていた傍観者のCさんが、二人に忠告しました。
 「いまは珍しい炎上商法の仕方だと思っていても、いつの日にか飽きて、虚しい気持ちになりますよ」

 【教訓】この話は、炎上商法は必ずエスカレートして過激な内容となり、それでも読者からすっかり飽きられて見捨てられるという末路を教えています。

創作小話『同時に信頼を失ったニセ科学擁護者と罵倒芸の論者』

 そのニセ科学を強固に擁護するブロガーのAさんは、罵倒芸の論者に発見されて、
 果てがないかと思うほどのdisり合いを演じました。

 Aさん:「消えろ、ニセ科学の万能効果を認めない、頭の固い読者め」
 罵倒芸の論者:「お前こそ消えろ、科学リテラシーの低い、愚民ブロガーめ」

 すべてを見ていた聴衆は、「科学的な事実を無視するAさんの発言は、もう信頼できないよね」と評しました。
 罵倒芸の論者に対しては、「なんて口が悪いんだろう、もう一文字もコメントを読みたくないよ」と評しました。

 Aさんは、信頼を失くした自ブログを閉じながら言いました。
 「悲しいけれど、あの罵倒芸の論者も評判がすこぶる悪くなったのだから、イーブンとしよう」

 【教訓】これは、自分が不幸になった時に論敵が不幸になっているのを見ると少しは不幸感が薄れるという、人間のさがのお話です。

創作小話『モヒカン的なネコに困っていた、ムラビト的なネズミたち』

 そのムラビト的なネズミが集まるブログは、モヒカン的なネコからの徹底的な修正を受けて、疲弊しました。

 モヒカン的なネコが去ったあと、ネズミは会議を行いました。
 「あのモヒカン的なネコが、また修正に来たらどうしよう?」
 「私たちが練りに練った主観を根拠にしたコメントを公開しても、モヒカン的なネコは客観的な事実を重視するコメントを、普通に返してくるし」

 すると、一匹のネズミが案を出しました。
 「あのモヒカン的なネコの首に、鈴をつけよう」
 「その鈴の音が聞こえてきたら、すぐにブログをプライベートモードに切り替えるんだ」
 「この方法ならば、修正される心配が一切なくなって、安泰のネット生活が送れるよ」

 みんなは名案だと思いましたが、あの手強いモヒカン的なネコの首に誰が鈴をつけるかで長い議論となり、
 案を出した当のネズミも、
 「このぼくは、『ブレインストーミング』を試しただけ。ぼく自身が案を実行するかどうかは、別問題」
 と言うばかりで、結局この案はボツになりました。

 【教訓】この話は、実現不可能な案を出して皆を惑わすくらいならば、何も言わないでいるほうがマシということを教えています。

ネタのお言葉『変なdisの人』

 この言葉は、あのガエターノ・ブルネッティの作品である「変人」の、罵倒芸版である。
 【なりたち】
 遠い昔のこと。あのルイジ・ボッケリーニが、愛読していたブログにdisのコメントを連続で投稿した。
 そのコメント群を読んだブログ主は、感想を述べた。
 「ディ、ス! ディ、ス! これは、酷い!」

 ボッケリーニは反論した。
 「disの対話が見事になされたとき、disの単調さは失われます」

 それでもブログ主は不満を述べた。
 「ディ、ス! ディ、ス! 飽きもせず、この調子! まったく、愉快なdisだこと!」

 ボッケリーニは諭した。
 「ブログ主さま、拙速な判断を下す前に、今一度だけdisに対する理解を深めてください」

 ブログ主は納得せず、ボッケリーニをアクセス禁止にして追い出した。

 その騒動を後になって知ったブルネッティは、単調なdisを延々と繰り返すサイトを作って公開した。
 そのサイトのタイトルこそ、「変なdisの人」だった。(終わり)

創作小話『dis的な朝三暮四』

 そのdisに精力的な罵倒芸ブロガーであるAさんは、多いときで一日の記事の合計が8万6千400本に達するほど書いていました。

 ところが、日常生活が忙しくなってきたので、しかたなくブログの更新頻度を激減させることにしました。
 「とはいうものの、愛読者の数まで激減してしまう心配がある」
 「そうだ、朝三暮四の話を参考にしよう」

 さっそくAさんは、愛読者たちに向かって言いました。
 「これからは、朝方にdisの記事を三つ、夕方にdisの記事を四つ公開します」

 それを聞いた愛読者たちは、抗議しました。
 「朝なのに、disの記事がたったの三つですか? それでは、我々の気持ちが満足しませんが?」

 Aさんは言いました。
 「ならば、朝方にdisの記事を四つ公開しましょう」
 「そのかわり、夕方に公開するdisの記事は三つになります」

 それを聞いた愛読者たちは、涙を流して喜びました。
 「朝なのに、disの記事が四つも読める。こんなに幸運なことはない」

 このように、disの記事の希少性が高まれば高まるほど、早く読めることの幸せ感が増大するのです。

創作小話『ネットモヒカン族が来たと嘘をつく少年』

 そのムラビト的なブログの常連の一読者であるA君は、退屈が過ぎたので何となく叫びました。
 「ネットモヒカン族が来たぞ!」

 すると、他の常連の読者たちは慌てふためきました。
 その様子を面白いと思ったA君は、再び叫びました。
 「ネットモヒカン族が来たぞ!」

 他の常連の読者たちは、大いに狼狽しました。
 A君は、その様子を見て笑い転げました。

 その後、ネットモヒカン族が現れてブログを読み始めました。
 A君は、慌てて叫びました。
 「来たぞ、来たぞ、ネットモヒカン族がっ」「ああっ、窓にっ、ログの窓に!」

 他の常連の読者たちは、信じませんでした。
 まもなく、ブログはネットモヒカン族によって閉鎖に追い込まれました。

 『教訓:この話は、ネットモヒカン族から送られてくる突然のツッコミに対しては、日ごろからどんなに警戒しても不足はないということを教えています』

創作小話『苛烈な罵倒芸の論者と新人のニセ科学批判ブロガー』

 その苛烈な罵倒芸の論者は、新人のニセ科学批判ブロガーを見つけたので、語りかけました。
 「おい、お前! ダメなニセ科学批判を公開しているじゃないか!? お前のブログを、disってやる!」

 新人のニセ科学批判者は言いました。
 「でも僕は、近いうちにニセ科学批判を開始しますという記事を書いただけで、具体的なニセ科学批判は一つも行っていませんよ」

 苛烈な罵倒芸の論者は、「しまった、確かにそうだ」と思いましたが、気にしないふりをして語りかけました。
 「ダメなニセ科学批判のことは、どうでも良いのだ!」
 「それよりも、お前は昨年、俺の間違った主張に対して、ブログ上で的確に批判する記事を書いただろ!」
 「おかげで俺は、恥ずかしい気持ちになったのだ!」
 「ゆえに、お前のブログをdisってやる!」

 新人のニセ科学批判者は言いました。
 「でも僕は、昨年はブログを開設していませんでしたよ」

 またもしくじった苛烈な罵倒芸の論者は、動揺を隠して語りかけました。
 「そ、そんな客観的な事実はどうでもよい、とにかく俺さまは、お前のブログをdisってやる!」

 【教訓】この話は、disりを固く決意している罵倒芸の論者に向かって正論を述べたところでdisをもらう結果に変わりはないという現実を明らかにしています。

創作小話『ネットモヒカン族と論争するために鍛えられたムラビト的読者』

 そのムラビト的なブログの管理人は、愛読者たちに向かって言いました。
 「まもなく、ネットモヒカンたちがやってきます」
 「論争に負けないためにも、あなた方は客観的な事実を重視する思考を鍛えてください」

 それを聞いた愛読者たちは、一生懸命に思考を鍛えました。おかげでネットモヒカンたちとの論争は互角で終わりました。

 ムラビト的なブログの管理人は言いました。
 「皆さま、お疲れさまでした」
 「主観の論を重視する思考に、戻りましょう」
 「感情論を重視する思考に、戻りましょう」
 「客観的な事実を重視して語るのは思考に負担がかかります、とても長時間は継続できません」

 愛読者たちは言われたとおりにしました。

 しばらくすると、またもやネットモヒカンたちがやってきました。
 ムラビト的なブログの管理人と愛読者たちは、対抗言論を掲げることができず、徹底的な修正を受けました。

 ムラビト的なブログの管理人は、ふがいない愛読者たちを叱りました。
 「皆さんの体たらくは何ですか、ネットモヒカンたちに対抗するには客観的な思考が必要と私は言いつけていたでしょう」

 愛読者たちは反論しました。
 「たしかに私たちは、客観的に物事を語る思考を頑張って身に着けることに成功していましたが、あなたと主観的な会話を交わしていたせいで、すっかりムラビト的な思考に戻ってしまいました」

 「再びネットモヒカンたちが来たからといって、ムラビト的な思考をすぐにモヒカン的な思考へ切り変えることなどできません」

 【教訓】このように、客観的な思考を身に着けたから大丈夫と油断している時ほどしんどい状況が発生するのです。

創作小話『平和を冷静に喜ぶブログ主』

 そのブログは、ムラビト的な読者たちが集まって、のんびりと語りあう場所でした。
 ある日、ネットモヒカン族が現れて厳しい批判を展開しました。
 耐えかねたムラビトたちは、空飛ぶスパゲッティ・モンスターに祈りました。
 「スパモンさま、どうか、あのネットモヒカン族を追い払ってください。願いが叶った時は、ビールを捧げます」

 その後、ネットモヒカン族は去りました。ムラビトたちは、訪れた平和を喜びました。
 しかしながら、ブログ主だけは冷静でした。
 「またすぐにネットモヒカン族が来るかもしれないと考えながら、つかの間の平和を我々は喜びましょう」

 『教訓:この話は、ネットモヒカン族が去ったあとも気を抜いた言論を見せてはいけないということを教えています』

創作小話『良いdisと駄目なdis』

 その昔、ネット上で【良いdis】たちと【駄目なdis】たちが論争していました。
 【駄目なdis】たちは、人格攻撃や論点ずらし、わら人形論法や後釣り宣言を駆使して、論争に勝ちました。

 ネット上を追い出された【良いdis】たちは、空飛ぶスパゲティ・モンスターに今後の身の振り方を相談しました。
 空飛ぶスパゲティ・モンスターは言いました。
 「このままお前たちが再戦を挑んでも、結果は同じだろう」
 「一人ずつ、そっと静かにネット上に赴きなさい」

 このために、【駄目なdis】はネット上の至るところで目撃されるのですが、【良いdis】はほんの少ししか見えなくなったのです。(完)