seki_yo氏の『NATROM氏が言っているような人なんて居ないと思う』というツイートから話を整理する

 NOV1975さんによる次の「はてなブックマーク」を読んだ。
 
引用なんだからそりゃいるよ

 「いったい、なんのこと?」と思った私は、seki_yoさんのツイートやNATROMさんのツイートを探して読んだ。
 ふむ、どうやら次のような経緯があったらしい。

 ・まずはnagayaさんが、「発がん者の全てが被曝由来であることだって科学的には否定できないんですよ」と発言した。

 ・そのnagayaさんの発言をNATROMさんが引用し、「このような発言をする人とは議論できません」と返事した。

 ・そのNATROMさんのツイートを読んだseki_yoさんが、「そのような発言をする人は居ないと思う」と述べた。

 なるほど、この流れのすべてを知っている人ならば、「引用なんだからそりゃいるよ」とツッコミを入れることが可能だ。
 この私も、今になってようやく事態を把握できた。この流れでは、たしかにseki_yoさんの分が悪い。

 この形勢を変えるためには、次のように反論するとよいだろう。
 「言っておくが、私の個人的な観測範囲では、」
 『発がん者の全てが被曝由来であることだって科学的には否定できない』
 「と主張する人の姿は、なかったのである」
 「これは、事実である」
 「ゆえに、私の観測範囲の外に該当する人が居たとしても、私の主張になんら影響はないという結論になる」

 これで、逆転勝ちしたことになる。
 「いや、その勝ち方は、ちょっと遠慮したいです」という場合は、次のような反論の仕方がある。

 「別に断言したわけではない、ちゃんと語尾に『思う』という言葉をつけて、判断を留保している」
 これならば、逆転勝ちは無理でもイーブンには持ち込める。

 「いや、それもちょっと無理です」という場合は、【なんら反論せず、次の話題に移る】というスルー芸でもよい。
 完全な負けに追い込まれる事態を、防ぐことができる。

 「なんだかいろいろ、面倒に思えてきました」という場合は、素直に主張を撤回したほうがよろしかろう。
 以上で、話の整理を終えるとする。

にゃんこ宙返りさんの「ネトウヨ、ニセ科学批判の人たち、云々」というツイートから話を整理する

 次の記事を読んだ。
 ああ、「たとえば菊池誠」と答えるか。 - ublftbo のコメント - はてなブックマーク

 話の流れが今ひとつ分からなかったので、ちょっと整理する。
 まずは、にゃんこ宙返りさんが次のようなツイートを公開されていたので、読む。
http://twitter.com/qpqp5573kkz/status/899556271400992769

 ふむ、このツイートにおける「ニセ科学批判の人たち」に該当する人物は、「キクマコ先生」であり、
 具体的には阪大の菊池誠教授のことで間違いないようだ。
 しかしながら、にゃんこ宙返りさんは「ニセ科学批判の人たち」と言い表している。
 つまり、「菊池誠教授は一人ではない、複数人が存在する」という主張である。
 (さしずめ、あのNATROM団になぞらえると、kikumaco団といったところか)

 なるほど、いつのまにか菊池誠教授は自身のクローンを何体か作っていたらしい。
 さすがは、サイバーメディアセンターで生物物理学を教えているだけのことはある。
 ……と納得して終わりたいところだが、この考察が間違っている可能性も、ゼロではない。
 「菊池誠教授が、複数人も居る? それは、失笑する!」という反論があるかもしれない。

 というわけで、にゃんこ宙返りさんにおかれては、「ニセ科学批判の人たち」の詳細について説明してもらえると幸いである。

 もちろん、「私の個人的な観測範囲に居るニセ科学批判者たちの言動から、地球上に居るすべてのニセ科学批判者たちにつなげて断定したにすぎない」という答えでもよいし、
 あるいは次のような答えが返ってきても私は納得する。
 「具体的な名前を列挙することはできない」
 「なぜならば、キクマコ先生の一人から反論されることはともかく、他のニセ科学批判者たちからも一斉に反論される事態になる可能性があり、」
 「そうなると、この私がいちいち再反論しないといけない事態となる」
 「そのような事態は避けたいので、他のニセ科学批判者たちの名前は提示できないという結論になる」
 「細かいことを言わなくても、『キクマコ先生と、それ以外の謎の誰かさんたち』ということで良いではないか、うんうん」

 このような答えも、ありである。
 「常勝のニセ科学批判批判」あるいは、
 「少なくとも、完全な負けに追い込まれることのないニセ科学批判批判」を追い求めている論者の場合、
 言及した相手の全員から直接の反論が返ってこないようなニセ科学批判批判を唱えることは、まったく不自然ではない行為なのだ。

「ニセ科学批判=冷笑と受け取られる背景は、云々」という伊藤剛さんのツイートから話を整理する

 次の記事を読んだ。
 はてなブックマーク - 伊藤 剛さんのツイート ニセ科学批判=冷笑と受け取られる背景には、やはり「と学会」のありようが大きくあるでしょう。 唐沢俊一をしっかり批判してこなかったツケは間違いなくあ
 (ublftboさんのコメントから引用)
 唐沢俊一氏というのは、原発事故にまつわる「福島差別やデマゴギー」に匹敵するインパクトを持つ論者ということ? 私は、ほとんど何をした人かすら知らないですが。

 なるほど、私にも話がよく見えてこなかったので、ちょっと整理する。

 ・「ニセ科学批判=冷笑と受け取られる背景には、『と学会』のありようが大きくある」という主張が、事実だとする。
 「唐沢俊一をしっかり批判してこなかったツケ」も、間違いなくあるとする。
 「反原発が福島差別やデマゴギーを批判すべきというのと同じ話」という主張も、事実だとする。

 ・ところが、ublftboさんには今ひとつピンと来なかった。
 
 ・つまり、「唐沢俊一氏をしっかりと批判することの重要性」を世のニセ科学批判者たちに対して説く活動が、今まで不足していたことになる。

 なるほど、こういうことらしい。
 この流れからすると、これから伊藤剛さんは世のニセ科学批判者たちに対して、
 「唐沢俊一氏をしっかりと批判することの重要性」を今以上に訴える活動を始めるのであろう。

 そのときになって、地球上に存在するすべてのニセ科学批判者たちが、
 「なんと、我々の気がつかないうちに、そんなことになっていたのですね、これは至りませんでした」
 「以後、あらためます」
 と一斉に反省の姿を見せるのだ。(と予言しておく。当たる確率は、けっこう高いと自負する)

鏡さんの「これは流石に・・・・・・」という文章を考察する

  次の記事を読んだ。
 はてなブックマーク - 鏡さんのツイート これは流石に・・・・・・ - “【試案】ニセ科学の構造 - Interdisciplinary” https--t_co-T9xQqt93js

 なるほどと思ったので、鏡さんのコメントを考察する。

 【考察、その1】ublftboさんのブログ記事に対する賛同のコメントを急いで投稿しようとしたところ、
 急ぎすぎて、仕上げる途中のコメントを送信してしまった。

 【考察、その2】賛同のコメントを用意したものの、
 ネット上にアップする直前になって誤字を見つけたので、その部分を一旦すべて消し、
 あらためて仕上げようとしたところ、間違って投稿ボタンを押してしまった。

 【考察、その3】「流石だぜ、あにき」と書こうとしたところ、
 間違って「これは流石に・・・・・・」と書いて投稿してしまった。

 【考察、その4】中黒の部分には、「力作ぞなもし」という6つの文字が書かれているのだが、
 画面上では縮小されているために、読めなくなっている。

 【考察、その5】100文字近くの賛同コメントを書こうとしたところ、
 「これは流石に」という文章を打ち込んだ時点で疲労がピークに達したので、
 あとに続く部分は中黒で代用した。

 【考察、その6】じつは、はっきりと意味が伝わるコメントを書こうとしたのだが、突然、
 「書いちゃだめだ……書いちゃだめだ……意味が伝わる文章を、書いちゃだめなんだ……」
 という心の声が聞こえてきたので、それと激しく戦った結果、
 なんとか仄めかし程度のコメントを送信することに成功した。

 以上の考察の中に、正解があるはずである。
 なお、「いや、鏡さんのコメントは、あきれの意を表明しているのでは?
 と思われた読者様もいらっしゃることだろう。

 しかしながら、「趣旨がストレートに伝わってこないコメントを目撃したら、読む側の人がポジティブな意味に解釈して受けとめてあげる」ということも、
 ネット上のコミュニケーションの場においては、けっこう大事だったりする。

 そう、この記事で展開された一連の考察は、あのポリアンナ物語で使用された「よかったさがし」という概念と、同じだったのである。

逆転勝ちするためのアドバイス、「米国の食品医薬品(FDA)は、十数年前から抗がん剤を禁止している」と述べてcounterfactualさんからツッコミをもらったhyodo_masatoshi氏へ

 次の記事を読んだ。
 『英語が読めて、web検索ができるなら数分でデマとわかるネタなんだが、同情してあげるよ。 - counterfactual のコメント - はてなブックマーク

 なるほど、hyodo_masatoshi氏の分は悪そうだ。
 ここはひとつ、
 『米国の食品医薬品(FDA)は、十数年前から抗がん剤を禁止している。具体的な根拠は、これこれである』
 『抗がん剤は、ガンを進行させる。具体的な根拠は、これこれである』
 という感じで、ひとつずつ解説してみせるとよいだろう。
 そうすれば、「なるほど、たんなる印象論とか、思いつきで言っているわけではなかったのですね」とcounterfactualさんも言ってくれるはずである。
 今後の参考にしてほしい。
・・・・・・
 ところで、hyodo_masatoshi氏は普段どのような主張をしている御方なのだろうと思った私は、次の記事を見つけた。
 「兵頭正俊」さんって、どんな人なんだろう?フォロワー3万人。『最近は人工地震と北朝鮮のミサイル発射は、日本政治と絡み合って起きる』 - 見えない道場本舗
 
 これを読むと、hyodo_masatoshi氏は「人工地震」「フリーメイソン」「イルミナティ」という言葉を使って陰謀論を唱えている御方らしい。
 しかしながら、gryphonさんからはツッコミをもらい損ねている。
 
 一昔前ならともかく、2017年も半分が過ぎた現在では、一味違う陰謀論を披露しないとツッコミがもらえないわけだ。
 たとえば、陰謀論を唱えたあとで具体的な根拠を提示したりすれば、ベテランの陰謀論批判者たちから「おお、そうきたか!」という反応がもらえるであろう。
 これもまた、選択肢の一つに入れておいてほしい。

逆転勝ちするためのアドバイス、「いつものニコニコ嫌いが発狂中」と述べてublftboさんから疑義を呈されたkyoumoe氏へ

 次の記事を読んだ。
 『はてなブックマーク - いつものニコニコ嫌いが発狂中/はてブみたいな過去の遺物のクソサービス使ってる連中がよくそんなこと言えるな、気が狂ってるとしか言いようがない - kyoumoe のコメント - はてなブック

 なるほど、たしかに今ひとつピンとこない。というわけで、
 『いつものニコニコ嫌いとは、だれそれのことである』
 『発狂という表現の根拠は、これこれである』
 という感じで、ひとつずつ具体的に解説されるとよいだろう。
 そうすれば、「わかりました、そのような理由でキレていたのですね」とublftboさんも言ってくれるはずである。

 あるいは、詳細を語らず、
 『ふと、心の中で、【連中は気が狂っている】という言葉が浮かんだ』
 『その言葉を、ネット上で具現化した。他に、理由はない』
 という解説の仕方もありだが、「それはちょっとできかねます」と思った際は、今後の参考にしてほしい。

逆転勝ちするためのアドバイス、『NATROM氏が言っているような人なんて居ない』と主張してツッコミをもらったseki_yo氏へ

 次の記事を読んだ。
 『はてなブックマーク - seki_yoさんのツイート NATROM 氏、だれも そんなこと いってないけど →「根拠に基づかず『ワクチンや抗がん剤は毒薬だ』と主張」 https--t_co-dIIGesdzTI

 なるほど、seki_yo氏の主張と違って、『けっこう、そんなことを言っている人たちが居ました』という状態らしい。
 ここはひとつ、以下のような反論をして形勢を変えよう。

 『私の個人的な観測範囲においては、そんなことを言っている人たちの姿は、なかったのである』
 『これは、事実である』
 『ゆえに、私の個人的な観測範囲の外に、そんなことを言っている人たちが実際に居たとしても、私の当初の主張になんら影響はないという理屈になる

 このように述べると、逆転勝ちできたことになる
 「いや、その反論の仕方は、ちょっとできません」という場合は、次のような返し方も有りである。

 『ublftboさんの示しているリンク先が、なんだというのでしょう? 【ワクチンや抗がん剤は毒薬だ】と言っている人たちの姿が見えますが、それが私になんの関係があるのでしょう?』

 このようなおとぼけ芸で返すと、逆転勝ちは厳しいかもしれないが、イーブンには持ち込める

 「これはいったい、なんの勝負ですの?」と思った際は、素直に自分の主張の誤りを認めて撤回したほうがよろしかろう。

 「なんら反論せず、別の話題に移る」というスルー芸でもよいが、なにかしら反応しておきたいという場合は、今後の行動の選択肢に入れておいてほしい。

逆転勝ちするためのアドバイス、『血液型性格判断は「ダメ科学」であって「ニセ科学」ではない』と述べたPsycheRadio氏へ

 次の記事を読んだ。
 はてなブックマーク - PsycheRadioさんのツイート 血液型性格判断は「ダメ科学」であって「ニセ科学」ではないラジよね。
 (以下、ublftboさんのコメントから引用)
 こういう内容を書くってことは、それぞれの語について、何らかの定義めいたものを持っているはずですよね。
 説明出来るかは、分かりませんけれども。

 なるほど、たしかにPsycheRadio氏の主張は、いまひとつ腑に落ちてこない内容である。
 ここはひとつ、
 『血液型性格判断とは、こういうものだ』
 『ニセ科学とは、こういうものだ』
 『ダメ科学とは、これこれこういうものだ
 『ほらごらんなさい、やはり血液型性格判断はダメ科学と言ったほうが、しっくりくるでしょう?』
 という感じの説明を行うと、逆転勝ちできる

 ublftboさんから今ひとつ信用されていない現状でよいのならばともかく、そうでもない場合は、今後の選択肢のひとつに入れてほしい。

 もちろん、具体的な説明を一切せず
 「あれはニセ科学ではない、ダメ科学だ」
 「それもニセ科学ではない、ダメ科学だ」
 「というか、ニセ科学と呼ばれているものは、すべてダメ科学で決まりなのだ」
 という感じで、あまたのニセ科学をダメ科学に片っ端から呼び代えていく活動も、有りである。
 世のニセ科学批判者たちから、大いに注目されるであろう。

 もしかしたら、近い将来に「ダメ科学」という言い方が地球上を覆うかもしれない。
 その場合、PsycheRadio氏は「創設者」と呼ばれることになり、ガンマ宇宙域の歴史に名を残す地球人となるであろう。(と、ここに予言しておく。けっこう当たる確率は高いかもしれない)

逆転勝ちするためのアドバイス、「ニセ科学批判=リフレ」と主張してublftboさんから疑義を呈された、ありーちぇ氏へ

 次の「はてなブックマーク」を読んだ。
 はてなブックマーク - ありーちぇさんのツイート @mika_berry なんせこっちは5年くらいの観察歴がある。ニセ科学批判=リフレでない人を連れてこいといっても数人しかでてこず、親和性の高さは確証された。「ニ

 (以下、ublftboさんのコメントから引用)
 
そもそもこの人達が言っている “ニセ科学批判” がこの人達の心内にしかない集合であるし、定量的考え絶無なので、ほんとうにもう、何を言っているのだろうという感じ。まず「観察歴」って、「twitter内」でしょ。

 なるほど、ありーちぇ氏の分は悪そうだ。
 とりあえず、「そんな狭い観測範囲で判断したのではありません」と表明し、
 【地球上に存在する、すべてのニセ科学批判者の数】を示し、次に、
 【地球上に存在する、すべてのリフレのニセ科学批判者の数】を示し、この二つの数を比較したうえで、
 「ほら、すごい割合でリフレのニセ科学批判者が居るでしょう!?
 とアピールすれば、逆転勝ちできる。

 疑義を呈された評判のままで良いと思うのであればともかく、そうでもない場合は、これを今後の選択肢の一つに入れてほしい。

 もちろん、次のようにボケる選択肢もある。
 「私が現時点で確認した【リフレでないニセ科学批判者】は、数人だった」
 「ゆえに、地球上に存在するニセ科学批判者のほとんどは、リフレのニセ科学批判者であると結論できる」
 「これは、論理的にも正しい結論だったりする」

 このようにボケたならば、世のほとんどのニセ科学批判者から笑いが取れるであろう。