創作小話『良いニセ科学批判に比べてダメなニセ科学批判は50倍も多いと述べたブロガー』

 ニセ科学批判批判者であるAさんが、自ブログで主張しました。
 「ネット上で公開されている数多のニセ科学批判的な記事を調べたところ、」
 「良いニセ科学批判に比べてダメなニセ科学批判のほうが、50倍も多かった」
 「これは遺憾な状況であり、世のニセ科学批判者たちは一斉に反省したまえ」

 ニセ科学批判者たちが現れて言いました。
 「興味がありますので、具体的なデータを教えてください」

 Aさんは反論しました。
 「具体的なデータを示す義務は、諸君にある」
 「立証責任の転嫁ではない」

 それを聞いたニセ科学批判者たちは、
 「まともな議論ができない相手のようだ、かかわるだけ時間の無駄だ」
 と判断して去りました。

 その後ろ姿を確認したうえで、Aさんは勝利宣言しました。
 「あの者たちは反論もせずに帰っていった」
 「ゆえに、私の主張は正しかったという理屈になる」

 数日後、納得しきれない一人のニセ科学批判者が現れて、再び具体的なデータの提示を求めてきました。
 Aさんは、
 「それは貴公の仕事である」
 と言ってあげましたが、ニセ科学批判者はしつこく食い下がりました。

 Aさんは、しばらく相手をしてあげましたが、
 「立証責任の転嫁で頑張るのも飽きてきた」
 と思い、タネ明かししました。

 「私の好みを基準として、」
 『あれは良いニセ科学批判の記事だな』
 『これはダメなニセ科学批判の記事だな』
 「と選別していると、良いニセ科学批判の記事が1本、ダメなニセ科学批判の記事が50本となった」

 「しかもこれは、私の個人的な観測範囲内に限った話であり、」
 「観測範囲外にあるニセ科学批判の記事については一つも実態を知らない」
 「これで貴公の疑問は解決した、あとは帰るのみである」

 ニセ科学批判者は、帰らずに言いました。
 「そのことをブログの記事に追記してください」
 「そうすれば他のニセ科学批判者たちも、」
 『なるほど、50倍とはAさんの好み次第の値だったのですねって、なんじゃそら!?』
 「とリアクションしてくれます」

 これを聞いたAさんは、
 「一読者の分際で私に指図するとは何事か」
 と不満を覚え、ニセ科学批判者をブロックしました。

 【教訓】この話は、立証責任の転嫁を続けていると事態がますますややこしい方向に進んで不満な思いが強まるばかりという現実を明らかにしています。

根拠の薄い主張をして読者たちから疑問を呈された際に、「自分の主張に何ら説明不足はない」という態度を貫いて議論の勝ちを狙う方法

 ・まずは、ブログ上で具体的な根拠を明示しないまま主張する。
 「世のニセ科学批判者たちには、欺瞞がある」
 「表向きは社会のため公益のためと言っているが、本当のところは自己満足のためにニセ科学を叩いているにすぎない」

 ・読者たちが疑問を述べる。「いや、本気で社会のため公益のためと思ってニセ科学を批判している人も居るのでは?」

 ・反論する。
 「私の主張のどこに、『本気で社会のため公益のためと思ってニセ科学を批判している人など絶対に存在しない』という記述があるのか? 該当する部分を示したまえ」
 「なに、できぬとな?」
 「なるほど諸君は、『なにかしら文句を言ってあげたい!』という気持ちが前のめりになりすぎてしまい、確かな根拠もなく私の主張を間違いと決めつけるうっかり屋さんだったのだ」

 「相手が何を言って何を言っていないのか、それを見極めたうえで疑問を呈すること」
 「それが諸君に課された宿題である」

 このように述べると、勝ったことになる。

 【この芸で気をつける点
 読者たちから疑問を呈されたときに、「私の言いたいことが伝わっていないようだ、今から詳細な説明をして納得してもらおう」という考えを持ってはいけない。
 「私の主張に瑕疵はない、それにもかかわらず疑問を呈する人たちは、読解力が徹底的に不足している哀れな人たちだ」という態度で頑張ること。

 それでも弱気になったときは、次のセリフを暗唱して己を鼓舞しよう。
 「私の考えは常に正しい、私がネット上で公開する主張も常に正しい、そんな私の主張に疑問をぶつける者たちは、ことごとく間違っているという理屈になる」

 以上、「根拠の薄い主張をして読者たちから疑問を呈された際に、『自分の主張に何ら説明不足はない』という態度を貫いて議論の勝ちを狙う方法」であった。
 (この記事は、以下のツイートとはてなブックマークを参考にして作りました)
 kuri_kuritaさんのツイート
 「電気が止まれば死ぬ人がいる」という単なる事実の表明が、何故あれ程に紛糾したのか(というか、紛糾させた奴らがいたのか)、いまだに理解出来ません。


 nanasi0003さんのツイート
 ぼくがこの文言を認めないのは、このフレーズが実際に守ろうとしているのはTシャツでは過ごせないほど過剰な冷房空間や、エアコンと朝シャンと電子レンジと電気給湯器を同時に使えるような快適な生活、っていう欺瞞を命を盾にとったキャッチーなフレーズでごまかすズルい言い方だから、ですね


 TAKAMARUのコメント
 「これこれこのような理由により、kuri_kurita氏のツイートは、『命を盾にとったキャッチーなフレーズでごまかすズルい言い方』といえる」という形の補足をすれば、説得力が出ると思われる。


 Yossy_Kさんのツイート
 エアコンが使えなければ老人や乳児から死んでいくし、医療現場でも電気が止まればバタバタ死ぬし。
 要は視野が狭いんだよな。


 Yossy_Kさんのツイート
 「普通の人にとって快適を保証すること」が「弱者にとっての生命線を確保すること」と地続きだってことは知らないっぽいもんなあ。


 TAKAMARUのコメント
 なるほどであるが、議論で負けない自分を第一とするならば、「私の主張に疑問を呈する人は、読解力が不足している哀れな人である」という態度で頑張るのも有りである。「なんじゃそら」と思われた御方は真似しない事


 nanasi0003さんのツイート
 違うならどの文言からそう思われたのかを示してくれればよかっただけなんですが、むき出しのバカの烙印捺して終わっちゃったんですね
まー、3年ぶりに再開したツイッターでいわゆるデマ叩き界隈の硬直化というか劣化というか、がすごく気になってるんですが今回身をもって体験させてもらえました


 TAKAMARUのコメント
 「私の主張に疑問を述べる読者がけっこう現れた、私の主張に説得力が無いのが原因か?ならば今から詳細な説明をしよう」と成らず、「私の主張に疑問を呈する人達の読解力不足は嘆かわしい」という路線を選択した模様


追記】「私以外のニセ科学批判者たちは、みんな雑なニセ科学批判を見せており、私一人が的確なニセ科学批判を実行している」という態度でブログを運営した場合、「な、なんという自信のブロガーだ!?」と横山三国志に登場する陳宮さん風にリアクションする読者が現れるかどうか、あとで思索しておく。

ニセ科学批判者たちから総ツッコミされた際に「主張の中身に関する具体的なツッコミが一つもない、嫉妬レベルのツッコミばかりだ」と述べて二度目の総ツッコミを誘う方法


 ・まずは、自分が運営するブログで次のように主張する。
 「罵倒芸イオンは実在する。なぜならば、『この宇宙空間のどこにも罵倒芸イオンは実在しない』という証拠が、いまだに見つかっていないからである」

 ・ニセ科学批判者たちから、総ツッコミをもらう。

 ・次のように反論する。
 「諸君のツッコミは、瑣末なものばかりで話にならない。私の論が高尚すぎて諸君の手に負えず、嫉妬のレベルでしか物申せないことには同情する」

 ・ドヤ顔を決める。

 ・ニセ科学批判者たちから、二度目の総ツッコミをもらう。

 ・ミッションコンプリートである。

 【この芸の新規な点】科学的に変な主張を述べてニセ科学批判者たちから総ツッコミをもらった際に、「私の主張の中身に真正面から反論する力量がないために、妬みレベルのコメントしかできないようだ」という態度で応じるところが、新規である。

 【この芸で気をつける点】ニセ科学批判者たちから一度目の総ツッコミをもらったときに、「なるほど、たしかに私の主張は科学的にダメすぎですね」と納得しないこと。
 「諸君のツッコミは表層的なものばかりだ、具体的なことを述べるとボロが出てしまうと恐れているのであろう、その意味では哀れな人たちといえる」という態度で頑張ること。そうすれば、二度目の総ツッコミイベントがより起きやすくなる。

 以上、「ニセ科学批判者たちから総ツッコミされた際に『主張の中身に関する具体的なツッコミが一つもない、嫉妬レベルのツッコミばかりだ』と述べて二度目の総ツッコミを誘う方法」であった。
 (この記事は、以下のはてなブックマークにインスピレーションして作りました)
 lebさんのコメント
 嫉妬がすごいなあ。はてな民の学歴コンプは深刻なレベル

 【追記】どんなに鋭いツッコミをもらっても、「私の記事に対して何やら否定的なコメントを述べる読者たちが居るようだが、その読者たちは私の記事の中身について具体的な反論ができていない人たちばかりであり、単なる嫌悪感しか表明できていない人たちばかりである」という態度で頑張るブログ運営を行った場合、論者としての信頼が地に落ちるまでの時間はどれほどであろうか? あとで思索しておく。

ネタのお言葉『よりdisく推敲』

 この言葉は、「推敲」の苛烈なニセ科学批判版である。
 【なりたち
 今から数千年前、ニセ科学批判の新人であるAさんが、新しく開設するブログのタイトルを模索していました。
 あれこれ考えた末に、『僕は諭す、目下のニセ科学を』というタイトルに決定しました。

 しかしながら、「ブログをネット上で公開する」のボタンを押す前に、「諭すの部分が今ひとつだな、直すにしたほうがいいかな?」とAさんは迷いました。
 迷いすぎて、見知らぬウェブサイトのコメント欄の投稿ボタンを、間違って押しました。
 見知らぬウェブサイトの管理人:「なんだ、この意味不明な投稿は? さては、非科学的な思考を持つ輩の仕業だな?」

 そのウェブサイトの管理人の正体は、苛烈なニセ科学批判者のBさんでした。
 Aさんから事情を説明されたBさんは、「なんだ、非科学的な思考の輩ではなかったのか」と思いながら助言しました。
 「直すではなく、叩くが良い」「いや、叩き潰すが良い」「よりdisい言葉を使用すれば、より読者の関心が強くなる」

 Aさんは、「なるほど、よりdisい言葉を採用するのも有りか」と納得しました。
 その後、AさんはBさんとブレインストーミングを実行し、新しいブログのタイトルを最終決定しました。

 『僕は叩き潰す、ニセ科学推進者の説を。ニセ科学推進者の本を好意的に紹介して拡散する有名人の、ツイート群を。中立の傍観者を名乗りながらも結局はニセ科学に利する発言ばかり繰り返してドヤ顔を決める、エセインテリの態度を。科学文明社会の維持を脅かす非合理な事象現象を、僕は片っ端からサーチ&デストロイして浄化してあげるんだ。目下そんな感じのブログ』

 AさんとBさんは、苦労の成果を喜び合いました。「ニセ科学問題を知らない人にも直ぐに趣旨を理解してもらえる良いブログタイトルができた」

 この話を知った人々は、趣旨の分かりやすさを重視したブログタイトルに仕上げる行為を、「よりdisく推敲」と言い表すようになりました。
 【なりたち、終わり
 一部の研究者は、これが本来の「推敲」と考えている。数千年の時が過ぎるうちに、「よりdisく」の部分が省略されてしまったという。
 それが事実かどうかはともかく、穏健派のニセ科学批判者様におかれては、「今日もまた、ニセ科学を好意的に説く論者の姿をネット上で目撃いたしました、遺憾なので今から私が諭してあげますね」と思って諌めの記事を書く際は、「よりdisい方向の文章に仕上げる選択肢もある」と呟くことを習慣にしよう。
 そうすれば、スランプに陥った時に「私には芸風の引き出しがもう無くなった、このうえは引退するしかない」と成らずに済む。

創作小話『ウルトラマンの音楽の「ワンダバ」風に感想を述べた者たち』

 あるブロガーのAさんが、愛読者たちに向かって説教しました。
 「ネット上で議論を行う際には、罵倒の言葉を使用してはいけません」
 「たとえ、異論を述べる相手が悪い態度に終始していたとしても、あなた方は礼儀の態度に徹するべきです」
 「それこそが、大人の論者というものなのです」

 Aさんが言い終えると、態度の悪い異論者が現れました。
 それを見たAさんは、罵詈雑言で応対しました。
 一通りdisってあげた後、Aさんはすがすがしい表情で言いました。
 「ああ、すっきりした」
 「相手が悪い態度を見せていたんだもん、こちらが遠慮する必要はないんだものね!」

 それを聞いた愛読者たちは、「帰ってきたウルトラマン」で使用された音楽の「ワンダバ」風に感想を述べました。
 「ダブスタだ・ダブスタだ・ダブスタなのだ……」
 「ダブスタだ・ダブスタだ・ダブスタなのだ……」
 「信用が・すこぶる・ダウンしたのだ……」
 「呆れたから・帰路を・スタスタなのだ……」

 言い終えた愛読者たちは、Aさんのブログから去りました。
 その後ろ姿を見送ったAさんは、「言うは易し、行うは難し」という言葉の意味を痛感しながらブログを閉鎖しました。

 以上、「ウルトラマンの音楽の『ワンダバ』風に感想を述べた者たち」というお話でした。

ネタのお言葉『直きのdisを以って怨みのdisに報い、徳のdisを以って徳のdisに報ゆ』

 この言葉は、論語の「直(なお)きを以(もっ)て怨みに報い、徳を以て徳に報ゆ」の罵倒芸版である。
 【意訳
 罵倒芸のブロガーが孔子に問いました。
 「論敵から怨みのdisコメントをもらったときに、人徳のdisコメントを返してあげる態度は、どうでしょうか?」

 孔子は答えました。
 「その態度を良しとするならば、論敵から人徳のdisコメントをもらったときに何のdisコメントを返してあげられるのでしょうか?」
 「怨みのdisコメントをもらったときは率直なdisコメントを返し、人徳のdisコメントをもらったときは人徳のdisコメントを返す、これならば釣り合いがとれます」
 【意訳、終わり
 議論の際に相手から恨みがましいコメントをもらったときは、寛容な態度を見せず、毅然とした態度で跳ね除ける。
 心温まるダメ出しコメントをもらったときは、こちらも心温まる反論コメントで答えてあげる。
 この二つの態度を維持することにより、議論が脇に逸れずさくさく進み、早めに相互理解に達して早めに解散できる。
 これが理想の議論のあり方だと孔子は主張していたのである。

 しかしながら、議論の相手から「私怨的なニセ科学批判批判のコメント」をもらったときは、少し事情が違ってくる。
 「相手にするだけ時間の無駄ですわ」
 と判断して捨て置くも良し、
 「主張の中身に真正面から反論できない悔しさゆえに人格攻撃を実行して己の溜飲を下げようとする負けず嫌いの哀れな人だ」
 と同情してあげるも良し、
 「私怨的なニセ科学批判批判の公開はあなたの評判を地に落とす行為なのでやめましょう」
 と諫めてあげるも良し。

 このように、他のお題で議論をしているときはともかく、ニセ科学をお題とする議論で私怨的なニセ科学批判批判のコメントをもらった場合は、様々な対応のルート選択がある。
 「恨みがましいニセ科学批判批判には毅然とした態度で臨む! これが絶対の正解だ!」
 と気負う必要はないのである。

ネタのお言葉『敏のdisなれば即ち功あり、公のdisなれば即ち喜ぶ』

 この言葉は、論語の「敏なれば則(すなわ)ち功あり、公なれば則ち説(よろこ)ぶ」の罵倒芸版である。
 【意訳
 ネット上のdisり合いの場において、寛容なdisばかりを公開したならば、人望の数値がアップします。
 誠実なdisばかりを公開したならば、信頼の数値がアップします。

 鋭敏なdisばかりを公開したならば、功績の数値がアップします。
 公平なdisばかりを公開したならば、聴衆の満足度がアップします。
 【意訳、終わり
 罵詈雑言を並べただけのコメントはいけない、信頼や功績を高めることを視野に入れたdisコメントを述べるべきという主張である。
 「そんな戦略は面倒だ、脳内に浮かんだ毒吐きの言葉をそのままネット上で具現化する作業が楽でよいのだ」という御方はともかく、そうでもない御方は思考の片隅にメモしておこう。

 ちなみに私の場合、信頼や功績の向上はひとまず脇に置き、読者様から「ツッコミどころ満載ですね」と評してもらえるdisコメントを普通に披露できる状態が理想と考えている。
 ゆえに、次のようなオリジナルの芸をしばし探究したい所存。

 【しばし探究したいオリジナルの芸
 1:まずは、疫学の教科書をほぼ読まないままで疫学の玄人たちに論戦を挑む。
 2:返り討ちにあう。
 3:後釣り宣言する。
 4:ドヤ顔を決める。
 5:それを見た疫学の玄人たちと聴衆「ポカーン…」
 6:ミッションコンプリートである。

ネタのお言葉『真の罵倒芸を信ずること篤からずんば、いずくんぞネット上で能く有りと為さん』

 この言葉は、「道を信ずること篤(あつ)からずんば、焉(いずく)んぞ能(よ)く有りと為(な)さん 」の罵倒芸版である。
 【意訳
 子張(しちょう)が言いました。「人徳のある罵倒芸を執り行い、真の罵倒芸を信じて思索する。それをしない論者は、ネット上で山ほどdisを述べていても、ROM専門の人と区別がつかないほどの存在感となる」
 【意訳、終わり
 多くの人々から信頼されるdisコメントの作成に努めつつ、いま以上に高度なdisり方があるはずと信じて探究する。
 この二つを同時に行うことにより、後世の人々にも支持される伝説級の罵倒芸論者になる。

 「私は常に正しいことしか言わない人である、ゆえに異論を述べる者たちはみんな間違っているという理屈になる」というスタンスで罵倒芸を実行している論者、
 「前フリが長いわりに本論はスカスカ、たどり着いた結論もなんのことはないただの一般論」というレベルで満足している論者のdis記事は、人々も丁寧に読みたいという気持ちが起きないために、記憶に残すことなく捨て去られる。

 真の罵倒芸を求めて修行中の私であるが、いつの日にか万人から信頼されるdis記事を量産する自分となり、数十年、数百年と語り継がれるブログをネットの片隅に刻んでおきたい。

ネタのお言葉『遠きdisを致さんには思考の泥まんことを恐る』

 この言葉は、論語の「遠きを致(いた)さんには泥(どろ)まんことを恐(おそ)る」の罵倒芸版である。
 【意訳
 子夏(しか)が言いました。「ネット上の片隅でdisをブイブイ云わしている泡沫過疎ブログを見つけ出して感動することも、時にはあるだろう」
 「しかしながら、遠大な罵倒芸の道を歩いている者にとっては、取るに足らない路傍の小さなdisを一歩進むごとに拾ってあげる行為は、自分の時間を無駄に消費する行為であるし、いたずらに自分の思考を濁らせる行為である」

 「ゆえに、君子的な罵倒芸を一刻も早く会得したいと考えている者は、『威勢がいいわりに内容は薄い』というdisコメントは無視し、『低姿勢のダメ出しなのに内容がむっちゃ濃い』というdisコメントを優先して読むべきである」
 【意訳、終わり
 私の場合、少しでも気になる他人のdisコメントをネット上で見つけたときは、即座に飛びついて拝読し、
 「読む前は深い意味がある哲学的なdisコメントかなと思ったけれど、よく読んでみたら罵詈雑言を思いつくまま並べたにすぎない文章だった、この時間はなんだったのだ?」
 と後から悔やむ傾向があるために、今後は事前によく吟味して有益なdisコメントだけを思考に収めたい。

ネタのお言葉『君子的なdisの探究者もとより窮す、そうでない者窮すれば斯こに濫る』

 この言葉は、論語の「君子固(もと)より窮(きゅう)す、小人窮すれば斯(こ)こに濫(みだ)る」の罵倒芸版である。
 【意訳
 陳という国を通りかかったところで、孔子の一行は食料が尽きました。皆が所持しているスマートフォンの電池残量も、0となりました。
 他の旅行者たちは、持っている食料を頭の上に掲げて、「インスタ映えする~」と言いながらスマートフォンで写真を好きなだけ撮っていました。

 状況の落差に耐え切れず、子路(しろ)がプチ切れして孔子に問いました。「君子的な罵倒芸を真摯に探究している論者でも、みじめな思いをすることがありますか!?」
 孔子は答えました。「もちろん、あります」
 「しかしながら、君子的な罵倒芸を探究している論者は、一歩も動けないほど腹がすいていたり、所持しているスマートフォンがただの板と化したときでも、プチ切れの態度を表立って見せたりしません」
 「そこが、つまらない罵倒芸で満足している論者との違いです」

 それを聞いた子路は、「私はつまらない態度を見せてしまった、皆が飢えとスマートフォンの電池切れで困っているときに、私は無駄に大声を出して皆をさらにうんざりさせてしまった」と反省しました。
 【意訳、終わり
 私の場合、「そのような状況でプチ切れを表す自分は居ない」と言い切れないために、今から脳内でシミュレーションを繰り返し行い、現実で起きた際に涼しい顔でやり過ごせる自分を作っておきたい。