創作小話『ウルトラマンの音楽の「ワンダバ」風に感想を述べた者たち』

 あるブロガーのAさんが、愛読者たちに向かって説教しました。
 「ネット上で議論を行う際には、罵倒の言葉を使用してはいけません」
 「たとえ、異論を述べる相手が悪い態度に終始していたとしても、あなた方は礼儀の態度に徹するべきです」
 「それこそが、大人の論者というものなのです」

 Aさんが言い終えると、態度の悪い異論者が現れました。
 それを見たAさんは、罵詈雑言で応対しました。
 一通りdisってあげた後、Aさんはすがすがしい表情で言いました。
 「ああ、すっきりした」
 「相手が悪い態度を見せていたんだもん、こちらが遠慮する必要はないんだものね!」

 それを聞いた愛読者たちは、「帰ってきたウルトラマン」で使用された音楽の「ワンダバ」風に感想を述べました。
 「ダブスタだ・ダブスタだ・ダブスタなのだ……」
 「ダブスタだ・ダブスタだ・ダブスタなのだ……」
 「信用が・すこぶる・ダウンしたのだ……」
 「呆れたから・帰路を・スタスタなのだ……」

 言い終えた愛読者たちは、Aさんのブログから去りました。
 その後ろ姿を見送ったAさんは、「言うは易し、行うは難し」という言葉の意味を痛感しながらブログを閉鎖しました。

 以上、「ウルトラマンの音楽の『ワンダバ』風に感想を述べた者たち」というお話でした。

ネタのお言葉『直きのdisを以って怨みのdisに報い、徳のdisを以って徳のdisに報ゆ』

 この言葉は、論語の「直(なお)きを以(もっ)て怨みに報い、徳を以て徳に報ゆ」の罵倒芸版である。
 【意訳
 ある罵倒芸のブロガーが孔子に問いました。
 「論敵から怨みのdisコメントをもらったときに人徳のdisコメントを返してあげる態度は、どうでしょうか?」
 孔子は答えました。
 「その態度を良しとするならば、論敵から人徳のdisコメントをもらったときに何のdisコメントを返してあげられるのでしょうか?」
 「怨みのdisコメントをもらったときは率直なdisコメントを返し、人徳のdisコメントをもらったときは人徳のdisコメントを返す、これならば釣り合いがとれます」
 【意訳、終わり
 議論の際に相手から恨みがましいコメントをもらったときは、寛容な態度を見せず、毅然とした態度で跳ね除ける。
 心温まるダメ出しコメントをもらったときは、こちらも心温まる反論コメントで答えてあげる。
 この二つの態度を維持することにより、議論が脇に逸れずさくさく進み、早めに相互理解に達して早めに解散できる。
 これが理想の議論のあり方だと孔子は主張していたのである。

 しかしながら、議論の相手から「私怨的なニセ科学批判批判のコメント」をもらったときは、少し事情が違ってくる。
 「相手にするだけ時間の無駄ですわ」と判断して捨て置くも良し、「主張の中身に真正面から反論できないので人格攻撃を実行して己の溜飲を下げようとする負けず嫌いの哀れな人だ」と同情してあげるも良し、「私怨的なニセ科学批判批判の公開はあなたの評判を地に落とす行為なのでやめましょう」と諫めてあげるも良し。

 このように、他のお題で議論をしているときはともかく、ニセ科学をお題とする議論で私怨的なニセ科学批判批判のコメントをもらった場合は、様々な対応のルート選択がある。
 「恨みがましいニセ科学批判批判には毅然とした態度で臨む、これがただひとつの正解だ!」と気負う必要はないのである。

ネタのお言葉『敏のdisなれば即ち功あり、公のdisなれば即ち喜ぶ』

 この言葉は、論語の「敏なれば則(すなわ)ち功あり、公なれば則ち説(よろこ)ぶ」の罵倒芸版である。
 【意訳
 ネット上のdisり合いの場において、寛容なdisばかりを公開したならば、人望の数値がアップします。
 誠実なdisばかりを公開したならば、信頼の数値がアップします。

 鋭敏なdisばかりを公開したならば、功績の数値がアップします。
 公平なdisばかりを公開したならば、聴衆の満足度がアップします。
 【意訳、終わり
 罵詈雑言を並べただけのコメントはいけない、信頼や功績を高めることを視野に入れたdisコメントを述べるべきという主張である。
 「そんな戦略は面倒だ、脳内に浮かんだ毒吐きの言葉をそのままネット上で具現化する作業が楽でよいのだ」という御方はともかく、そうでもない御方は思考の片隅にメモしておこう。

 ちなみに私の場合、信頼や功績の向上はひとまず脇に置き、読者様から「ツッコミどころ満載ですね」と評してもらえるdisコメントを普通に披露できる状態が理想と考えている。
 ゆえに、次のようなオリジナルの芸をしばし探究したい所存。

 【しばし探究したいオリジナルの芸
 1:まずは、疫学の教科書をほぼ読まないままで疫学の玄人たちに論戦を挑む。
 2:返り討ちにあう。
 3:後釣り宣言する。
 4:ドヤ顔を決める。
 5:それを見た疫学の玄人たちと聴衆「ポカーン…」
 6:ミッションコンプリートである。

ネタのお言葉『真の罵倒芸を信ずること篤からずんば、いずくんぞネット上で能く有りと為さん』

 この言葉は、「道を信ずること篤(あつ)からずんば、焉(いずく)んぞ能(よ)く有りと為(な)さん 」の罵倒芸版である。
 【意訳
 子張(しちょう)が言いました。「人徳のある罵倒芸を執り行い、真の罵倒芸を信じて思索する。それをしない論者は、ネット上で山ほどdisを述べていても、ROM専門の人と区別がつかないほどの存在感となる」
 【意訳、終わり
 多くの人々から信頼されるdisコメントの作成に努めつつ、いま以上に高度なdisり方があるはずと信じて探究する。
 この二つを同時に行うことにより、後世の人々にも支持される伝説級の罵倒芸論者になる。

 「私は常に正しいことしか言わない人である、ゆえに異論を述べる者たちはみんな間違っているという理屈になる」というスタンスで罵倒芸を実行している論者、
 「前フリが長いわりに本論はスカスカ、たどり着いた結論もなんのことはないただの一般論」というレベルで満足している論者のdis記事は、人々も丁寧に読みたいという気持ちが起きないために、記憶に残すことなく捨て去られる。

 真の罵倒芸を求めて修行中の私であるが、いつの日にか万人から信頼されるdis記事を量産する自分となり、数十年、数百年と語り継がれるブログをネットの片隅に刻んでおきたい。

ネタのお言葉『遠きdisを致さんには思考の泥まんことを恐る』

 この言葉は、論語の「遠きを致(いた)さんには泥(どろ)まんことを恐(おそ)る」の罵倒芸版である。
 【意訳
 子夏(しか)が言いました。「ネット上の片隅でdisをブイブイ云わしている泡沫過疎ブログを見つけ出して感動することも、時にはあるだろう」
 「しかしながら、遠大な罵倒芸の道を歩いている者にとっては、取るに足らない路傍の小さなdisを一歩進むごとに拾ってあげる行為は、自分の時間を無駄に消費する行為であるし、いたずらに自分の思考を濁らせる行為である」

 「ゆえに、君子的な罵倒芸を一刻も早く会得したいと考えている者は、『威勢がいいわりに内容は薄い』というdisコメントは無視し、『低姿勢のダメ出しなのに内容がむっちゃ濃い』というdisコメントを優先して読むべきである」
 【意訳、終わり
 私の場合、少しでも気になる他人のdisコメントをネット上で見つけたときは、即座に飛びついて拝読し、
 「読む前は深い意味がある哲学的なdisコメントかなと思ったけれど、よく読んでみたら罵詈雑言を思いつくまま並べたにすぎない文章だった、この時間はなんだったのだ?」
 と後から悔やむ傾向があるために、今後は事前によく吟味して有益なdisコメントだけを思考に収めたい。

ネタのお言葉『君子的なdisの探究者もとより窮す、そうでない者窮すれば斯こに濫る』

 この言葉は、論語の「君子固(もと)より窮(きゅう)す、小人窮すれば斯(こ)こに濫(みだ)る」の罵倒芸版である。
 【意訳
 陳という国を通りかかったところで、孔子の一行は食料が尽きました。皆が所持しているスマートフォンの電池残量も、0となりました。
 他の旅行者たちは、持っている食料を頭の上に掲げて、「インスタ映えする~」と言いながらスマートフォンで写真を好きなだけ撮っていました。

 状況の落差に耐え切れず、子路(しろ)がプチ切れして孔子に問いました。「君子的な罵倒芸を真摯に探究している論者でも、みじめな思いをすることがありますか!?」
 孔子は答えました。「もちろん、あります」
 「しかしながら、君子的な罵倒芸を探究している論者は、一歩も動けないほど腹がすいていたり、所持しているスマートフォンがただの板と化したときでも、プチ切れの態度を表立って見せたりしません」
 「そこが、つまらない罵倒芸で満足している論者との違いです」

 それを聞いた子路は、「私はつまらない態度を見せてしまった、皆が飢えとスマートフォンの電池切れで困っているときに、私は無駄に大声を出して皆をさらにうんざりさせてしまった」と反省しました。
 【意訳、終わり
 私の場合、「そのような状況でプチ切れを表す自分は居ない」と言い切れないために、今から脳内でシミュレーションを繰り返し行い、現実で起きた際に涼しい顔でやり過ごせる自分を作っておきたい。

ネタのお言葉『disブログの理における芸や、冷水の芸や炎上の芸よりも甚だし』

 この言葉は、論語の「民の仁に於(お)けるや、水火よりも甚(はなは)だし」の罵倒芸版である。
 【意訳
 孔子が言いました。「disブログを運営している論者の場合、他人に冷や水を浴びせるような罵倒芸や、他人の神経を逆撫でして炎上を起こさせる罵倒芸よりも、主張の理路がシュっとした罵倒芸を公開しましょう」

 「他人に冷や水を浴びせるような記事や、他人の神経を逆撫でして炎上を起こさせる記事を公開したことで、たちまちブログの閉鎖に追い込まれた罵倒芸の論者を私は何人も見てきましたが、」
 「主張の理路がシュっとしたdis記事を公開して即座のブログ閉鎖に追い込まれた罵倒芸の論者は、数十年にわたる過去のネット観察において私は一人も見たことがありません」
 【意訳、終わり
 私の場合、「disの文章そのものを作るだけでも苦労するのに、論理性まで考慮せねばならないとは大変だ」と思ってしまうわけであるが、話の筋が通った罵倒芸を優先して公開しなければ、私のブログの信頼度の数値がみるみる0になることも事実である。

 難題ではあるが、毒吐きの成分と論理性を上手くミックスしたdis記事の作成に努めたい。

ネタのお言葉『disの辞は達するのみ』

 この言葉は、論語の「辞は達するのみ」の罵倒芸版である。
 【意訳
 孔子が言いました。「ネット上のdisり合いで大切なことは、相手に自分の考えをしっかりと伝えることです」
 「それができなければ、相手は賛否を表明してくれるどころか、まともなdisバトルが成立しないと失望して去ってしまうでしょう」
 【意訳、終わり
 ネット上で見知らぬ人の主張にダメ出しする場合、「どの部分の何がどうダメすぎなのか?」という事柄を明瞭に伝えること。
 そうすれば、相手も反省の弁なり怒りの反発なりを明瞭に表すことができる。

 中でも特に、「えっ、今なにか、ダメ出しされましたのアタクシ?」というリアクションは、絶対に起こさせてはいけない。
 言葉足らずのダメ出し、独りよがりのダメ出し、曖昧で抽象的でどうにでも解釈できるダメ出し、これらを思い切って封印しよう。

 「どうすれば、あの知り合いでもない御方に自分のdisい思いを100パーセント分かってもらえるか?」
 と悩みつつ、あれやこれやと試行錯誤してダメ出しの文章を組み立てよう。
 そうして仕上がったダメ出しの文章は、100人中99人の見知らぬ人に伝わる文面となっているだろう。
 (注:ネット上には、ダメ出しの内容をくどいくらい丁寧に説明しても、「あなたの言い分は私の主張を補強してくれています、おかげさまで私の主張の正しさが改めて確認できました(^^)v」と曲解して受けとめる人が居るために、100人中100人の見知らぬ人に伝わるダメ出しは不可能である)

 私の場合、「自分の溜飲を下げることが第一だ、相手に伝わることなんて二の次だ」という言葉が思考回路の真ん中に組み込まれているために、人一倍に気をつけてダメ出しの文章を作りたい。

ネタのお言葉『斜めの言を放って炎上明らかなり』

 この言葉は、韋荘(いそう)の詩「春早」のニセ科学批判版である。
 【意訳
 ある朝に、モヒカン的な読者から自ブログ内にある科学的な間違いを指摘された私は、初めて科学リテラシーというものに興味を持った。
 そこで自ブログを一旦閉じて、ネット上で見つけた科学に関するサイト群を片っ端から読み込んで、科学知識を蓄えた。

 昼になって、「私はいったい、過去にどれほどの月日を科学的な無明で過ごしてきたのか」と呟きながら自ブログを再開した。
 ちょうどそのとき、隣のブロガーがニセ科学批判批判の記事を公開した。一瞥した私は、
 「ブロガーの言い分は斜め上の度合いが過ぎており、ネット上で活動している全てのニセ科学批判者たちからツッコミをもらうであろう」と未来予知した。
 
 夕方にはその通りになったので、「これが科学リテラシーの効能か」と私は驚いたのであった。
 【意訳、終わり
 そのような春の一日があったと韋荘は記している。

ネタのお言葉『disの益者三敵、disの損者三敵』

 この言葉は、論語の「益者三友、損者三友」の罵倒芸版である。
 【意訳
 孔子が言いました。「ネット上の罵倒芸においては、3タイプの良き論敵が居ます。そして、3タイプの悪い論敵が居ます」
 「他人の主張の間違っている部分をストレートにdisる論敵、嘘のdisを一文字も述べない論敵、柔軟なdisり方を見せてくれる論敵、これらの者とdisり合うことは有益です」

 「実力もないのに大言壮語ばかりを述べる論敵、曖昧な言葉を多用して本音を絶対に明かさない論敵、自分は常に正しくて他人は常に間違っていると決めつける論敵、これらの者とdisり合うことは損しかありません」
 【意訳、終わり
 率直なダメ出しをする人、いつわりのないダメ出しをする人、相手の心情を量りながら臨機応変にdisの強弱を変える人、このようなタイプの人たちとdisり合うことにより、自分の罵倒芸がみるみる成長する。
 「そんな論敵、私の観測範囲には一人も居ませんが……」という御方の場合は、自分がその立場になって他の罵倒芸論者を成長させてあげよう。

 ちなみに私は悪いタイプに近い状態なので、自分自身を反面教師として成長を図りたい。