創作小話『悪しき相対主義者の話に怒った傍観者』

2019/05/26 12:00
 モヒカン的な論者が、ニセ科学的なブログを徹底的に修正して閉鎖に追い込みました。  傍観していたAさんは、天に居る空飛ぶスパゲッティ・モンスターに向かって疑義を呈しました。  「あのブログでは、一人しかダメな論者が居なかったにもかかわらず、ブログごと消し去るとは、やりすぎではないか?」  すると、悪しき相対主義者が現れて、Aさんに言いました。  「あのモヒカン的な論者が、ニセ科学的なブログを閉鎖に追い込んだ行為と、傍観していただけで済ませたAさんの行為は、相対..

続きを読む

創作小話『空飛ぶスパゲッティ・モンスターから【後釣り宣言発生装置】を預かったブロガー』

2019/05/10 13:49
 空飛ぶスパゲッティ・モンスターが、過疎ブロガーのAさんに【後釣り宣言発生装置】を預けたあと、どこかへ行ってしまいました。  その【後釣り宣言発生装置】は、一日に一度「後釣り宣言のコメント」を作ってアウトプットしました。  おかげでAさんは、どんな議論にも最終的に勝ってしまうブロガーとして有名になりました。  喜んだAさんでしたが、若干の物足りなさも感じました。「もっと有名になりたいな」  「そうだ、【後釣り宣言発生装置】の中には、後釣り宣言のコメントがたくさん入..

続きを読む

ネタのお言葉『愚公、山ほどのdisを書き写す』

2019/03/23 13:15
この言葉は、列子の「愚公山を移す」の罵倒芸版である。  【なりたち】  山を移した後で愚公さんが言いました。  「罵倒芸なるものを探究したいという気持ちになりましたので、ネット上にある全てのdis記事を竹簡に一文字ずつ書き写す作業に入ります」  言い終えた愚公さんは、さっそく始めました。  これを見た人々は、忠告しました。  「ネット上のdis記事は五万とある、老い先の短いあなたには完遂できない作業だ、もっと別の有意義なことに時間を使ったらいい」  「た..

続きを読む

ネタのお言葉『スパモンは炎上ログを探して飛びまわり』

2018/08/03 12:36
 この言葉は、呉均の「山中雑詩」(さんちゅうざっし)の罵倒芸版である。  【意訳】  仕事の終わり際に、ネットを閲覧する。  検索中に、背後から触手が伸びてくる。  すわ、ポケモンのモジャンボかと思いきや、空飛ぶスパゲッティ・モンスターである。  空飛ぶスパゲッティ・モンスターは、炎上ログを探しているかのように、キョロキョロと目を動かしている。  そこで私は、ネット上の片隅で見つけた次のサイトを見せてあげる。  『自分の個人的な観測範囲内にダメなニセ科学批判..

続きを読む

ネタのお言葉『スパモンのヌードル網恢恢、疎にして良いdisを見逃さず』

2018/07/25 12:38
 この言葉は、老子の「天網恢恢、疎にして失わず」(てんもうかいかい、そにしてうしなわず)の罵倒芸版である。  【意訳】  自分の知名度を手っ取り早く上げたいと考える新人の論者は、あれやこれやと評論を積極的に展開しますが、  「なんだか、読者たちの反応がいまひとつだな? 芸風を変えようかな?」  と思い、普通の評論をやめて、少しずつトゲのある評論に移行し、やがて炎上芸のみを実行するようになります。  炎上芸ならば、推敲の作業を省いたコメントを好きなだけ公開できます..

続きを読む

ネタのお言葉『まさにスパモンによってdisのアドバイザーと為さんとす』

2018/06/24 09:35
 この言葉は、論語の「将に夫子を以て木鐸と為さんとす」の罵倒芸版である。  【意訳】  あるブログを孔子とその弟子たちが閲覧すると、ブログ主は言いました。  「これまでの私は、自分のブログを訪れる読者のすべてを賢人とみなして対話してきましたが、今日こそはいよいよへりくだって話を聞きたいと思います」  「いまのネット上は、主張の中身が薄いわりに炎上の成分は異様に濃いというタイプのdisが、そこかしこで持て囃されている有り様です」  「その風潮に疑問を感じ、官職を捨てて..

続きを読む

もっと見る